工事というのは、植物を育てるようなもの。

KEISUKE YOKOTE

工事部横手 景介

Q. 福田リニューアルにはどんな経緯で入社されたのですか?

元々橋を作る仕事に憧れがあって、大学では海洋土木の研究をしていました。親が土木関係だったので、その影響かも知れません。現場監督のおじさん達を見て育ったので。卒業後、土木の資材メーカーに就職したのですが、ちょうど八ッ場ダムとかね、公共工事が減るというのがニュースになっていた時期で、もっと自分を試したい、公共よりも民間が良いんじゃないかということで内装屋さんに転じたんですよ。そこでディレクターというんでしょうか、営業兼現場管理のような仕事で経験を積みました。
この仕事でもっと大きい工事を手がけたいなと思って転職先を探していた時に福田リニューアルの存在を知って。資材の仕事をしていた時に福田組に良く行っていたので、あの福田組のグループ会社なら、という安心感もあって決めました。

Q. 入社前から工事の経験はあったと思うのですが、何か変化や戸惑ったことはありましたか?

営業をやるのだと思っていたので、工事部に配属されて驚いたっていう(笑)ただ前職でも営業と現場監督を兼任していたので、仕事に馴染むのは早かったですかね。良い意味での驚きとしては、ここまで砕いて考えてやるのか、という点。建築ってどうしても複合業態の集まり、色んな業者さんの集まりになって、現場監督は調整役になると思うんですが、以前の職場での自分は悪く言えば協力業者任せで、任せるのが自分の仕事という部分があった。ここまで細かく考えるのが自分の仕事なのか、という良い驚きや変化はあったかなあ。

結果と過程の両方にこだわる
芸術点を追いかけるような
そんな仕事です(笑)

Q. 工事部から見て福田リニューアルの強み、面白さはどこにあると思いますか?

他社をすごく良く知ってるわけじゃないので比較は出来ないけど、いま工事部が20人ぐらいで、みんながやってる仕事を見ていると公共工事もあれば不動産関連の仕事もある、ゼネコン、店舗、耐震補強から新築...とにかく客先が幅広いところですね。建築工事ならなんでもやる。アニメ製作会社さんとか、一般的な工事会社ではなかなかお会いしないような色んな業種、業界を経験できるのは特徴だと思います。

あとはリニューアルなので、設計と施工が分業になってなくて、自社で設計施工全て手がけられる。この仕事が好きで、好奇心が旺盛なら、見て学べるものは沢山ある環境ですよ。街を歩いてて建築現場を見かけると思わず足場や仮設の様子を見ちゃったり。それは前からあったけど、「こういう仕事いつかやるかも」で見るバリエーションが増えましたよね。最近だとホールとか美術館とか、そっち系もやってみたいなと思います。

Q. お仕事の中で一番のやり甲斐、面白い部分と言えばなんでしょう?

自分がイメージした通りにモノが出来上がっていく、現場が進んで行くってのはやっぱり面白いですよ。植物を育てるような感じでね。逆にそこが難しいところでもあるんですけど。経験を積んで昔に比べれば現場が読めるようになった。それでもお客さまに幾ら喜ばれても、自分の中で「完璧だ」と思える現場は無い。結果だけじゃなくて、過程、プロセスも完璧を追い求めていくと本当に果てしなくて、そこが面白さじゃないでしょうか。

設計は設計士の仕事ですが、最終的に工事はやはり自分の解釈を乗せて、それが仕上がりや工期に影響するので。体操選手やフィギュアスケートの芸術点と同じで、自分が狙ったとおりに出来ると嬉しいんですよ。でもそこにばかり固執してもダメで、結果と過程の双方に適度にこだわってやっていく。面白い仕事だなと思います。

建物を通じて自分を表現する?

Q. この仕事の難しさや感じている課題があれば教えてください。

これは業界全体の課題だと思うんですが、建築業界ってどうしてもコミュニケーションが前時代的なんですよね(笑)先輩を見て盗め的な。仲が良くて飲みに行く人も沢山いるけど、その人の現場にまで足を運ぶわけじゃないですよね。ある程度経験を積めば良いですが、何もわからず入社して自分で考え、見て盗めだと、今の若い人は戸惑うかも知れないと思うことはあります。建築の仕事ってセンスでやる要素も多いんですが、その言葉に甘えていてはダメだなと思ったり。

Q. これから入社する方にメッセージがあればお願いします。

さっき言った問題意識と矛盾するようですが、結局見て盗む世界なんですよ(笑)建築は図面見て現場見て色々分解して自分で考える仕事なので、指示待ちではやっぱりダメなんです。自分がどう分解しているのか、その解釈を人にぶつけたり、自発的に行かないと。自分なりの表現方法は自分で学んで身につけていくしかないですよね。

だから急に大きいこと言っちゃうけど、建物を通じて自分を表現する、俺達は日本の一部を作っている、そんな気概を持った人に来て欲しいです。そんな大きいことを考える人が「教えて貰わないと、マニュアルが無いと何も出来ないですよー」とは言わないんじゃないかっていう期待込みで(笑)

決して若い人がすごく多いという職場では無いけれど、会社が成長して人を増やしていく過程なので、これから入ってくる若い人が会社の文化を作っていける、発信すれば皆が聞いてくれる土台は充分あるなと感じてます。工事部の新しい文化を作っていって欲しいですね。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用 / エントリー
Copyright 2019 福田リニューアル