若手がチャレンジできる風通しの良さがありますね

AYAMI TERAMATSU

機電部寺松 綾美

Q. 寺松さんは新卒で入社されていますね。福田リニューアルを選ばれた理由を教えていただけますか?

大学では建築学科で建築環境コース(設備系)を専攻していたので、就職活動は主にゼネコンの設備職やサブコン、ハウスメーカーで行なっていました。元々改修に興味があったので、会社名の”リニューアル”という響きに惹かれましたね。テレビ番組のビフォーアフターみたいな感じなのかなと。実際入ってみたら機電部の業務はビフォーアフターでは映らない部分の仕事でしたね(笑)

Q. あまり普段耳にすることが少ない言葉ですが、「機電部」というのはどういうお仕事なんでしょうか?

建物の機械設備と電気設備に関わる仕事がメインになります。私は機械設備の仕事が多く、主にトイレや空調の改修工事をやっています。仕事の流れとしては改修工事なのでまず、既存の建物の現場調査、計画、それから工事という感じですね。

工事部は一人に1物件が多いように思いますが、機電は一人で何物件か担当するので、より多く色んな現場を見れるのが特徴ですね。機電部の工事は建築と違って目に見えない部分が多いかもしれないですね。

工事部は一物件に一人の所長、という担当の付き方が多いように思いますが、機電は担当範囲が限定されている分、一人で何件も担当します。夏は空調工事が多くなるなど、繁忙期もある仕事です。一般的に「工事」と言って皆さんがイメージされるようなものとは少し違う、目に見えない場所を担当する仕事だと思って貰えるとわかりやすいですね。

お客さまからの「ありがとう」が
現場で直接聞けるのが
やっぱりいちばん嬉しい瞬間です。(リニューアルならではの瞬間)

Q. 寺松さんから見て福田リニューアルはどんな会社だと思いますか?

多分みんな似たような答えになるんじゃないかな。風通しが良く、人間関係が良い会社だと思います。周囲で人間関係に悩んで転職する(他社勤務の)友人を見てきたので、ここはありがたいですね。私は部署内で一番若く、会社でも下から二番目ですが、そんな私の発言でも耳を傾けてくれます。また、若手に色んなことをチャレンジさせてくれます。もちろん仕事なので、業務で大変なことはありますが、社内の雰囲気は良いですね。

あと個人的には業者さんとの繋がりも強いと感じています。職人さんや協業者さんなど、業者さんの数がそんなに多くないからかも知れませんが、数社の方と強固な信頼関係を築いていて、若手の立場ではやはり毎回違う業者さんと仕事をするより凄くやりやすくて、助かってます。上司に付いていって、現場で職人さんにも聞く。この流れで入社以来やってきました。

Q. 機電部のお仕事で一番やり甲斐を感じたり、嬉しい瞬間はどんな時でしょうか?

やっぱり竣工した時はうれしいですね。逆に難しさとしては改修工事がメインなので、既存のものを活かしながらだったり、居住者が居ながらや、店舗が営業しながらという工事が大変ですね。事前の調査であったり、オーナーさんとの打合せがとても大事ですね。
竣工の記念に「みんなで写真を撮りましょう」と言ってくださるお客さまもいたりして、建物も人もそれぞれ違うので難しいこともありますが、お客さまが最後に喜んでくれて「ありがとう」と言ってくださるとうれしいですね。一番やり甲斐を感じます。

海外旅行に行きたいです(笑)

Q. 今後の目標や「こんなふうにキャリアを重ねていきたい」という希望を教えてください。

いろんな所に旅行に行きたいですね(笑)元々旅行が趣味で、ある程度まとまった休みがあると海外に行きます。チョコレート食べたいね、でベルギーみたいな。わりと衝動的に決めるタイプです。カレンダー通りの休みなので、大型連休は取れます。趣味に合った職場かも知れません。

真面目な話としては、早く一人前になりたいです。
今はまだ上司のサポートが必要なので(笑)まだまだ手がけた物件の数も種類も少ないし、やったことがないような物件にもチャレンジしてみたいなと思います。

今、新築物件に携わっていまして、うちの会社は改修がメインなので新築はあまりないのですが、新築もやってみたい!と思っていたので良い機会だなと思っています。

今は女性社員も少なく、現場に出ている人も少ないので、今後は増えてくれればうれしいなと思います。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用 / エントリー
Copyright 2019 福田リニューアル