中途入社だからわかる、任される領域の大きさとやり甲斐

TETSUHARU KOJIMA

機電部小島 哲治

Q. まずは小島さんが所属されている「機電部」のお仕事について教えて貰えますか?

ざっくり言うと「設備系」ということになりますが、空調・トイレなどの給排水と衛生・ガス、あと照明とかテレビとか電話とか電気全般ですね。うちは建築会社なのでメインは建築ですが、人が使う建物に携わる以上、電気設備は設備は必ず付いてくる。僕はその中でも電気が専門というか、得意な人間ということになります。

基本的に営業が案件を持ってきて、それに対して見積を作るのが最初の仕事です。設備メインの仕事もあるので、その場合はプレゼンまで担当、そうじゃない場合はサポート役という感じですかね。見積が通って受注したら、協力業者さんとも調整しつつ、工事を一貫して見ていく。建築というメインの中に設備がある、ちょっと特殊な部署だとは思います。

Q. 設備の道に進まれたキッカケや、福田リニューアルへの入社経緯を教えてください。

僕が就職した頃ってすごい不況で、本当は最初職人さんになりたかったんですよね。ただ間違えたというか(笑)入社した会社は管理系で。元々進もうと思っていた道では無かったですが、そこで一種電気工事士と一級電気施工管理技士の資格を取って、福田リニューアルが二社目になります。

転職はステップアップのために決めました。前職は大きい会社でしたが、不景気の時に入社したので良いタイミングで後から入社した人との待遇面に差を感じて環境を変えてみようと。当時は現在より福田リニューアルの社員も少なく、良い意味でなんでもありというか、経験と実力があれば学歴も不問で大きなことを任せてくれる雰囲気が好印象でした。転職してもう10年近くになりますね。

今の仕事をする上で
過去の経験が確かなプラスに
なっていると感じられる環境です。

Q. 小島さんから見て福田リニューアルはどんな会社だと思いますか?

任せてくれる、裁量が大きい会社かな。新卒入社でゼロからここで仕事を覚えると感想もまた違うのかも知れませんが、中途入社で経験があればこれは大きなメリットだと思います。物件を「はい、小島さん」と任せてもらえる。部門の長がいて、次席がいて三席がいて、というピラミッド型の意思決定を当たり前だと思って来たので新鮮でした。他社を経験していると、この福田リニューアルの方式は他には無いなと感じます。

もちろん失敗のリスクやプレッシャーもありますが、過去に自分が経験してきたことを評価して任せてくれているのだという気持ちになりますね。逆ピラミッド型というか、教えるのが凄く上手い会社という訳では無いと思うので、中途で入社される方には「教えてもらう」という気持ちよりも、「できる」という気持ちで来ていただいて、自分の力で知識や経験を積んでいこうという方が向いているんじゃないかと。

僕の入社当時は社員も25名ぐらいで、人は増えて会社の風景は変わりましたが、面接の時に聞いた「やる気があれば大きい仕事を与える」という話は本当だった。その思いは今も変わっていません。

Q. お仕事で心がけていることや今後の目標があれば教えてください。

電気設備というのは、引渡してからクレームが来るものなんです。だからクレームが来ない施工をきちんとする、ということにはこだわっていますね。パッと見た時にカッコ良い照明よりも、使い勝手が良くて長く使って貰える建物を工事部と一緒にちゃんと作ってあげる。そういう長いスパンで自分の仕事を見るようにしています。

今後の目標としては横の繋がりをもっと充実させたいですね。
良くも悪くもドンと任されて、ひとりで完結してしまいがちな仕事なので。職人さんや協力業者さん、代理人さんや他業種の方も含めて、もっと繋がって困った時の助け合いや知識・人員・お仕事を融通しあえる。そんな関係を構築していきたいです。
あとはこれを読んで機電部希望の人が応募してくれて、増員できるとうれしいですね(笑)

求人採用のエントリーはこちら

求人採用 / エントリー
Copyright 2019 福田リニューアル